« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006-05-31

腰の痛みは身体の歪み?


今日はいい天気だった。
部屋の中に閉じこもって仕事してる場合じゃない。
芝生でゴロゴロしたいぞーと思いながら、
部屋に閉じこもって仕事してました(TT)


皐月も今日で終りです。
20代最後の皐月だったんだよね。
一番印象に残ったこと・・・腰が弱ったこと。


高校の頃にやっちまった椎間板ヘルニアのせいだと
思っていた。つい最近まで。だが、先日
また腰が痛くなり鏡の前で身体の異変に気づいた。


左右の腰の位置、いや、骨盤の位置が違う?
げげっ。まっすぐ立ててないし。
左にいがんでまっせ?
実はコレが腰痛の原因か、と思い始めた。


ならば、張り切って腰痛体操やってみよー(^0^)/
骨盤のずれがちょっとは治るかもと期待しつつ。


痛い腰にプルプルしながら ○| ̄|_ 体勢を取る。
この体勢から、左手右足を伸ばす。2秒静止。
次は、右手左足を伸ばす。2秒静止。
これで1回と数える。


たった10回で汗だく、腰が折れるかと思った。
しかも、プルプル 震えまくるオイラ。


ところが、その効果なのかは不明だけど
翌日、ちっとは痛みが取れていた。
歪んでるのは治ってないけど。


単なる筋肉の衰えか、ゆがみのせいか。
今度、整体屋に行ってみようと考えてます。
ちょっと高いんだよねー・・・。


そうか。ママさんの言ってた「健康は金で買える」
とはこのことかもしれねっす。
ママさんに感謝しながら、今日もルンルで脂肪燃焼中。
このルンル、効果はまだ出てません。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-29

情けない姉貴。


まだ実家に居たころ、あれは中学生くらいだったと思う。
とある正月に、パパさん、妹さま、弟とオイラで暇してた。
ふと、パパさんがマージャン牌を取り出しビンゴゲームを
やろうと持ちかけた。


ルールは簡単。通常のマージャンみたいに山を積む。
ただし、手牌は4×4で絵を表にして並べる。


一人ずつ順番に山から牌を取り、その牌と同じ手牌を
裏返しに出来る。一番最初に一列を作った人が勝ち。
小学生でもできる楽しいビンゴゲーム。


普段は「金かからないゲームなんざぁ、面白くねぇ」
とパパさんはブツブツ言うくせに。
よっぽど正月で暇だったんだろう。
ちょっと楽しそうだったのを覚えてる。


あー、もちろん手牌は並べ替えてはダメ。
ちゃんと4枚ずつ取った順番に並べるの。
ズルは絶対NG.


そのゲーム、結局は妹さまの一人勝ち。
全然面白くなかった。
そんな兄弟を見たパパさんの一言。
「やっぱりお前は勝負運がなかねぇ~」


中学生ながらにして、ちょっと凹んでしまった。
ギャンブラーの素質なしってことにね。
今思えば、なんちゅうガキ&オヤジなんだろう。


あれから10数年経った今、思い知らされてます。
オイラに勝負運がないことよりも、妹さまの強運に。
先日、ライブでお宝をゲットした強さもそうなんだけど、
オイラが高く売れるかもとほくそ笑んだチケット。
そう、久保田利伸のライブチケット。


チケット屋さんでは、定価7,000円をペアで7,000円。
随分、足元を見られた金額を提示されたとき、
妹さまがオークションで売ったげるからと
救ってくれたあの話し。


今、現在ペアで10,000円で買い手が現れてくれました。
そうな。。
それを教えてくれた妹さまは
「良かったね、姉貴。運が出てきたんじゃない?」


ううん、これはオイラの運ではなく、あなたの手腕です。
また当分、妹さまに頭の上がらない情けない姉貴なのでした。
でも、チケット屋にあのまま売らなくて良かったと
ちょっと嬉しいオイラでした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-28

本当の壁の色。


部屋の埃が気になりだした。
ちっとは片付けしてやろうと思いつつ、
クイックルワイパーで床をなでなで。。
カーペットをコロコロ・・・。
触れたくも無いほどの埃や髪の毛。何だコレ。。


こうなりゃついでだーと思い切って壁のカレンダーを
捨てる決心をした。
入居と同時に貼った「19(ジューク)」のカレンダーである。
何でコレをチョイスして貼ったんだろう。
もちろん、今でも19は好きである。
んが、新しく入手した東京事変に張り替えるべく
恐る恐るはがしてみる。


ピリピリ・・・はがしてみて超ばびった。
壁の色、白!!!!!


日焼けか?まさか。。
普段見ている壁は、 ヤニ色に染まった壁だった。
黄色くなるのは当然、部屋の中でガンガン吸って
もう6年ですから。
黄色さが全然違いますって。


やだなぁ。。この部屋出るとき怒られそうだなぁ。。
女が住んでた部屋にゃー見えないなぁ。。
とりあえず、隠そう。。気分が凹むっす。


そして忘れた頃にもう一度はがしてみて、
またばびるんだろうな(笑)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『理由』


■理由(2004年)
原作:宮部みゆき
脚本:大林宣彦、石森史郎
監督:大林宣彦


【ストーリー】
荒川区の超高層マンションで、一家4人の惨殺事件が
起きる。その容疑者として石田(勝野洋)が指名手配
されるが、捜査が進む内に惨殺された一家4人全員が
赤の他人同士だったことが判明し、事件は思わぬ展開
をみせる。


【感想】
登場人物100人以上、彼らの証言で明かされていく
事件の全貌。
登場人物の多さと上演時間の長さに観ようか迷いましたが、
観て良かった。全然退屈しませんでした。
話の内容がとても面白い。


本当に飽きない。釘付けです。
良く観れば、女優さんがノーメークでした。
そのせいでしょうか。虚構ではなく現実世界のような
不思議な感覚にとらわれます。


登場人物のキャラも様々で、各々の証言により
事件の内容を組み合わせていく作業がスムーズに
行えたのが不思議でした。
登場人物100以上ですよ?
これが大林監督の手腕なのでしょうか。素晴らしい。


映画の最後に出演者の唄声で「殺人事件が結ぶ絆」が
輪唱されるが、その言葉通り一つの殺人事件で
実に多くの人物が関わり、色んな思いを抱いていく。
その一人ひとりが、丁寧に描かれていました。


DVDには「『理由』が映画になった「理由」」という
大林監督の思いが綴られたボーナストラックも観ました。
大林組の映画にかける思いが良くわかります。
本編と合わせて観ると、よりこの映画が面白くなと思います。


ん、お勧めです。はい。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-27

アフリカ健康茶+ルンル。。。


ママさんから贈り物が届いた。
母親というのは心配する生き物である。
娘がいくつになっても口うるさい。
ちょっと煩わしいくらいだ。。


中身は、健康食品と健康器具。
健康食品には「メシマコブ+アフリカ健康茶エキス」。
・・・アフリカ健康茶って何ですか(@@?
19種類のアミノ酸が豊富に含まれている、らしい。
普段飲んでる香酢カプセルの5倍の値段だぞ。。
ぉぃぉぃ。。


ママさんからの注文:
今飲んでる香酢を中断して、コレを飲め。
純粋に効果がわかるから。


お値段から言ってもそりゃ効果出るでしょうよ。
つうか、効果が出ても継続購入できる
金額じゃないです。。ママさん。。


健康器具は、「ルンル」。
ツボ押しみたいなヤツです。
筋肉を柔らかくして脂肪燃焼する、らしい。
TVショッピングで発見したようだ。
ママさんが言うには、身体が柔らかくなったと
絶賛の商品みたいです。


ママさんからの注文:
とにかく効果絶大だから。
アンタ、身体固いけど続ければ前屈で手が床に
付くようになるって。
年寄りの私が効果絶大なんだから、若いアンタだと
効果 絶大だって!!!!


・・・業者の回し者になったのでしょうか?
やけに、推してきます、この商品を。
とにかく、やってみますよ。ええ。
脂肪燃焼という言葉を聴いたら、やる気出ます。


毎日続ける必要がある、これだけで面倒だと感じる。
健康は金で買える、ママさんの持論だ。
汗を流して運動をしようとか思わない、さすが親子。


最後に言われるのが「煙草は止めてね♪」
決まってコレだ。
まただよ。。のストレスで煙草を咥えるオイラ。
まぁ、心配してくれる人が居るのは有難いことです。
でも、程ほどでお願いしますね。ママさん。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-26

東京事変 "DOMESTIC!" JUST CAN'T HELP IT.


東京事変 "DOMESTIC!" JUST CAN'T HELP IT. ライブ、
in NHKホール行ってきました!


18時開場、19時開演。もう気分は最高潮!
そして19時を少し過ぎた頃、会場内が暗転・・。
その瞬間、歓声と共に随時起立していくのを
後ろから見ていてオイラも起立。
この瞬間がとっても好き。超ドキドキ。


最初の曲が始まりその演出に感動して涙してしまった。。
もうそれから最後まで、素晴らしさに感動・感激でした。
林檎さんの声も、ドラムもギターもとっても素敵でした。
そして、伊澤さんのピアノ。惚れ直しました。


何より、今回は1曲(某バンドのカバー曲)以外は
全部わかった。これが一番嬉しかった。
前回は、妹さまに白い目で見られましたからね。。


そんな妹さまに、最高のハプニングがありました。
ライブ終了時、刃田さん(ドラム)がドラムを客席に
向かって投げたのを、しっかりキャッチしたわけ。
なんという幸運の持ち主!
2時間のライブでボッコシ凹んだドラムには、
サインとメッセージ、色んなメモが書いてありました。

ライブ帰りの途中、もう1枚のドラムを手にした方々に出会い、
声を掛け、お互いの幸運を祝うと共にメッセージを見ることも
出来ました。あちらのもボッコシ凹んでました。
とても、良い思い出が出来たライブでした。


グッズ販売のネックレス売り場では、林檎さんのサインも
見ることができました。

Ringo_sign


本当に素敵なライブでした。
東京事変さま、今宵もありがとうございました♪



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-25

同じ電車、同じ車両。


う~ん。右目のおできはまだ健在( ̄▽ ̄;
右側頭部までガンガンしてる感じ。
ガシガシ掻きたいのに我慢するのが辛いぃ。


今日は久しぶりの事務所。
メトロからJRに乗り換えて、バスで通勤。
いつも同じ時間に電車、同じ車両に乗ると
見かける顔は決まってくる。


両手でつり革を掴んでぶら下がってる小さいおっさん。
顔が斉藤洋介(モアイ像)な色黒のおじさん。
懐かしいキュロット姿のスッピンおばさん。


色んな人が居ますが、一番気になるのが、
いつも漫画を読んでる年齢不詳のスーツ男。
今日は、幽遊白書。先週は、ドラゴンボール。
とにかく、いっつも漫画を読んでるの。
しかも、古いのばっかり。


短髪に無精ひげ。黒くて大きいバッグに、スーツ姿。
チラっと見えたバッグの中は漫画だらけ。
オイラより若いのか、同年代なのか微妙なところ。
実は電車で降りる駅も、バスに乗るのも一緒だと
気づいたのは最近のこと。
・・・同じ会社!? じゃねーよなぁ。。


オイラはいつもその男の背後に立つ。
何を読んでるのか興味があるのも1つだけれど、
漫画が懐かしくて、ついつい後ろから読んだりしてます。


今日は、幽遊白書なんだもん。ついつい見るじゃん?
んで、背後から読んでたら、隣のお兄さんも
一緒に背後から漫画読んでるの(苦笑)
目が合っちゃって気まずかった。。


スーツ男は何度も読んでるらしく、読むペースが早い。
それについてくのにもう必死なんです。
しかも、中途半端に駅に到着するしね。。
蔵馬と飛影。。あれからどうなったんだっけ。。。
あー、もう気になる(><)


こんな気持ちにさせられるのがかなり悔しいオイラでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-24

萌え話し。


今日もカミナリが綺麗でした。
ヒョウは降ったのかしら。
雨音が大きいときもあったけど、どうだったんだろ。


まったり「ココリコミラクルタイプ」を観てまふ。
いやぁ~、小西真奈美ちゃん、かわいい。
一番かわいいのは晴ちゃんだけど。。(--)
ええ、高校の頃 JUNON に出てた頃からずーっとね。。
うげっ、もう10年以上前じゃないすか。。orz


「ストライクゾーン」のコントやってて思い出した。
男の何に萌えるか?って井戸端会議したことを。
メガネ男子は萌えるか、萌えないか、とか。
スーツの上着を脱いだ状態で、腕まくりしてる姿に萌え~
って人が居ました。


周りにスーツ着てる人が居ない環境というのもあるらしいが、
そんな格好した殿方、あちこちに居まっせ。。。
電車の中、ビヤホール、って言うと
「よれてるのはダメ!!!!」と一蹴されました(TT)


まあ、おっしゃる通りですね。。


その井戸端会議にも登場した「執事カフェ」。
皆さん、お疲れのご様子。
萌え話しなぞどこへやら・・・。
どうやら癒されたい女性が多いようです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-23

新しい煙草。


最近、新しい煙草 DUO VIRGINIA SLIMS を吸ってみてます。
まずいと耳にしてたけど、言うほどまずくはないと思う。
ただ何せよ ニコチン0.1mg ...
基本がラッキーストライク ニコチン0.9mg に適応した身体では、
本数が増えて仕方ない。


DUO は、一箱10本入りの二箱セットでお値段 320円!
他の煙草に比べたら多少デザインは GOOD だが、
7月から煙草が値上がる前に、高い煙草を売るのは
さそ自信があるとみました。


その自信はデザインにしっかり現れております。


Virginia Slim なだけに、パッケージ全体に VS の文字。


最初見たとき素直に「バーサス」と読んでしまったオイラ。
ええ、煙草を排除する世の中と戦おうとする意思が、
パッケージ全体にみなぎっております。
非常に挑戦的な煙草であります。


是非、この戦いを支援していきたいことろですが、
オイラの財政ではラッキーストライク 300円 での
応戦にとどまらざるを得ないのが現実です。


そんな戦いから、そろそろ足を洗おうかとも
考えてたりもします。煙草を吸うと、妙に背中が痛い。。
といいつつ、咥え煙草でブログ書き中。。


行動と言動のバランスが崩壊し始めたオイラ、
みそぢまであと 221日。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-22

右目のおでき(T▽T)・再び!


右目にすっごい違和感あり(T▽T)
3ヶ月前に「右目におでき」が出来たときと、
全く同じ違和感が。。。


やばい。やばい。。まただ、コレ。


意を決して右目下の皮をクリッと裏返してみた。
ほらほら。。小さな黄色いものがポチッと。


何がイヤかってえと、痛いのはもちろんだけど、
誰にもわからず、地味に痛い こと。


例えれば、口内炎、だな。
誰にもわからず、地味に痛い。。
本人だけがコイツに煩わされるという、とても哀しい状態。


原因に心当たりは複数あるのが、これまたイタイ。
オイラはコンタクトなのだが、目がかゆいとき
ゴシゴシできないから、ついつい目ん玉を直で掻く。
目は傷つくし、不潔なのは当たり前。。


他にも、化粧を落とすときに使う 「メーク落とし」。
これ結構威力あると思うんだよね。
必ず目に入って、目の前が真っ白になる。。
しかもコンタクト入れたまま、ね。
ってか、オイラが下手なだけかも。


とりあえず、コンタクトはずしてメーク落として
顔すすいでアイボンしたら、アイボン真っ白。
ひょえーーーーーーーーー(@@;


おできとの格闘は、前回は1週間程続いたけど、
今回は絶対早めに勝敗つけたるわっ。
ちくしょー(><。)。。。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『SAW2』


■SAW2 (2005年製作)
監督:ダーレン・リン・バウズマン


■ストーリー
残忍な手口の殺人事件が発生。
刑事エリック(ドニー・ウォルバーグ)は、過去に連続殺人犯として
世の中を騒がせたジグソウ(トビン・ベル)の存在を思い出す。


■感想
「SAW」と同様、最後のオチに驚いた。。。
全然想像できませんでした。


この作品を見る場合、出来れば「SAW」をご覧になってから
観ることをお勧めします。その方がより楽しめます。


映像と台詞の一つ一つに色々とGAMEのヒントが隠されてる
かと思い、かなーり集中して観てました。
100分があっという間に過ぎてしまった。
上映時間も集中するにはちょうど良かった。


それにしても、痛々しいかつ生々しい映像の連続でした。
オイラは嫌いじゃないので、ひぃーっと言いつつ
凝視してました。特に注射器たくさんのシーン・・・。
ええ。想像しましたよ。体中に注射針が刺さる痛みを。
鳥肌立ちましたもん。


話も面白かったし続編映画としてはイケテルと思います。
それに何度観ても楽しめそうだし、新たな発見もありそう。
そして「SAW3」もあるか?と想像させるラストでした。
続編出るなら必ず観たいし、面白くあって欲しいです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-20

ルミネ the よしもと(06/05/20)


今月も『ルミネ the よしもと 4じ6じ』に行ってきました。
前から2列目のド真ん中で観覧させて頂きました。


【出演者】レイザーラモン/陣内智則/ショウショウ
チーモンチョーチュウ/アップダウン/水玉れっぷう隊
[新喜劇]石田靖/大山英雄/リットン調査団/2丁拳銃
/三瓶 他


【感想】
今回は陣内智則がお目当てでした。
今回はボーリングネタ。画像と音声を使用した絶妙な
タイミングでの突っ込みはやっぱ面白かった。
ただ映像と陣内を交互に見なきゃいけないから、
ちょっと大変だった。それと、もう少し長く見たかったな。


ショウショウは結成19年の芸歴の長さを感じさせる
安定感があった。モノマネを取り入れながらで、
結構面白かったっす。初めて見たけど。
妖怪人間ベム・ベラ・ベロつっても若い子は知らんだろう
と思いながら、オイラ世代にゃ爆笑でした。


チーモンチョーチュウも初めてみた。「3文字言葉しか
使っちゃダメ」ゲームなのに、菊池(ツッコミ)は一度だけ
「早いよ!」って4文字になってた。
勢いあまって突っ込んでしまったんだろうが、
聞き逃さなかったぞ?
白井(ボケ)のキモ系キャラ、オイラ的に好きだね。


アップダウンは勢いだけかなーって最初思ったけど、
ネタも面白かったっす。最後のオチがちょっと流れた
感じもしたけど、中盤で笑いすぎたオイラが疲れて
最後は集中してなかったという感じは否めないですが。


水玉れっぷう隊は、昔ダウンタウンの「おかんとまーくん」を
思い出すようなネタでした。
大阪のおばちゃんの強烈さはうまいこと出てました。
とても面白かったです。


新喜劇は先月見たものと同じでしたが、
2度目だと「アドリブ」がどれなのかがわかって、
間違い探し気分で楽しかったです。
前回は「石田さんがイケメンに見えた」とほざいた妹さまは、
さすがに今回はイケメン発言はなし。
席が近かったので、石田さんの現実が見えたのでしょう。
「やっぱ石田さんは面白い」発言に変わってました。


さあ、来月も見に行きますわ。また楽しみです。


あ、HGを間近で見ましたが・・色々と意外に汚かったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-19

CHANCHUよ、さらば。


CHANCHU は結局来ませんでした。
低気圧に変わったのかしら。
今日も雨が降ったり止んだりで冴えない天気だった。


明日も天気が冴えないようです。
久しぶりの歯医者なんだけどなぁ。。
3週間ぶりの歯医者。
毎週のように行ってましたからね(^^;


ちょっと気恥ずかしいなぁ。。。

・・・なんでだろ。


さてはて、妹さまとのデートもあるし今日は
たっぷり寝てお肌つやつやになってることを願おうw



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-18

CHANCHU上陸!?


台風が近づいてるらしい。その名も「台風1号」。
例年より早いっすね(・・?


オイラは台風の通り道「五島列島」生まれなもので、
小さい頃から、台風が大好きだった。
ガタガタと音がする雨戸に、ウキウキしてたもんです。
朝一番に起きて、電話が鳴るのを待ってました。
連絡網で「休校となりました」が来るのを。
夏休みの終わりにも台風が来て、始業式延期とかね。


たった一度だけですが、「台風の目」を見たことがある。
本当に数分だったけど、綺麗に空が晴れて風も止むの。
思わず家から飛び出しました。
あのときの空は今でも覚えてるなぁ。


その空に感動してるオイラの周りでは、物干し竿を下ろしたり
鉢を取り込んだり、飛んでったバケツを拾いにいったり、
自転車を横に倒したり、大人たちは右往左往してた。


今でも台風が来るとワクワクしてしまうけど、
朝の通勤電車が動かなくなってくれ、とか
ちょうど帰宅時間に台風よ来い!早く帰れる、とか。


ガキの頃から変わってないじゃんかw


今年の台風1号のアジア名は「CHANCHU」(チャンチー)。
中心気圧996hPa。


・・・ ヘクトパスカル ・・・



未だに 「ミリバール」 の方がしっくりくる


なんて思うのはオイラだけでしょうか。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-17

つまらん記憶力。


近頃、夜中にものすごくお腹が空く。
がっつり食べたくなるほどお腹が減ってる気がする。


もちろん、体重増量の効果大ってことはわかってます。
けど、お腹空いて眠れない。
へへ、ちょっと前のオイラだったら、カップヌードルBIG
を迷わず選択してましたが・・
今日は、たまごスープで我慢(TT)


「乾燥スープ」にお湯入れるだけの簡単スープ。
とっても重宝。ゴハンにかければ雑炊風。
オイシイんだ、この雑炊も。


オイラ、ちょっと変わってるのかもしんないけど、
お湯 ○○ml を注ぐって書かれていると、
きっちり計量カップで計測します。
普通はどうなんだろう?


いつもは作り方を見て、お湯の量を確認して、
計量カップにお湯を注ぐのに
本日は無意識に 160ml を注いでた。


ん?130mlだったかな?あれ??
作り方を確認したらピッタリ、160mlを注ぐってある。


すげぇ、オイラってばすげぇ。
具を手にしただけで、お湯の量がとっさに浮かぶなんて。


カフェ・オレは 130ml、たまごスープは 160ml、
アイス・カフェオレは150ml・・・・。


ちなみに、排水溝のぬめり取りの場合、
ぬるま湯 180ml だったと思う。


人間の記憶力って意図せぬところで、発揮されるようです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-16

何にもない。。


たまたまPCの時間表示を見たら、ちょうど


0:00


に変わる瞬間を見た。


これって意外に嬉しい。


そんなのブログにワザワザ書いてんじゃねー(=_=)
えー、ごもっともでごわす。


でも誰かに話したいと思ったりするじゃん。
たまたま携帯の時刻表示が


22:22


とか、結構嬉しかったり・・。するじゃん。
それが2日続いたりすると嬉しさ倍増じゃん。


・・・・・


えーと、本日の幸せ でした。いじょ。


すみません、ネタ無し。以上です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-15

まだまだ春だね。


久しぶりに太陽が顔を出しましたね。
そして久しぶりにてんとう虫を見ました。
まだまだ春です。
いくらでも眠れる。これは季節関係なしか。


今日も五月病のおかげ(?)でボンミス多し。
自分で笑っちゃう程のミスを連発。
おまけにやらなきゃいけない作業をどんどん忘却。
こんなが続くと、入れたい気合いも入らんっちゅうの。


そういえば、この間「ツンデレ」なる言葉を初めて耳にした。
妹さまに「メイド喫茶行ってみるべ?そのうち無くなるよ」
と問うたら、「いいねぇ、でも今は ツンデレ らしいよ!」
とな。


ツンデレとは、「奉仕しないメイドさんが居るカフェ」らしいね。
「早く注文しなよ。早く帰れば?」みたいなツンツン態度とは裏腹に
二人きりになるとデレデレ甘えてくるらしい。


ほほう。商売がうまいっすね。ホント。
これが男版になると「執事カフェ」とか出てきても
おかしくないよねー。肩揉みとかやってくれっかなぁ?
・・・って姉妹の会話か?コレ。


最近、よく新宿で見かけますね、メイド服っぽい女の子。
10人程のメイド集団が駅の構内を走ってました。
スーツケースをゴロゴロしながら・・・。
お茶会でしょうか、出勤でしょうか?
ともかく面白い光景でございました。
春ですからね、色んな人が出没する季節です。


今度は、執事集団にでもお会いしたいものです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-13

『間宮兄弟』


■間宮兄弟(2006年製作)


原作:江國香織
脚本、監督:森田芳光


Mamiya_brother

《公開初日に舞台挨拶に来た森田監督と佐々木さんのサイン》


【ストーリー】
ビール会社の商品開発研究員の兄・間宮明信(佐々木蔵之介)と
小学校校務員の弟・間宮徹信(塚地武雅)は、30歳を過ぎても
仲良く同居生活を送っていた。
兄弟は女性から恋愛の対象として見られることはなく、
ありふれた日常にささやかな歓びを見つけ楽しく暮らしている。
しかし、そんな彼らにもいよいよ恋の予感が訪れ……。


【感想】
久しぶりに映画館で見ました。
とにかく仲良い間宮兄弟、一緒に寝る、遊ぶ。
野球を見る、DVDを観る、何をするにも一緒。
二人で散歩、歩きながらジャンケンして「ぱ・い・な・っ・ぷ・る」
餃子屋さんまで競争したり。小さい頃から変わらないままが
よく伝わってきた。


日常の小さな幸せがたくさん詰まった作品でした。
この兄弟のお母さん役・中島みゆきさんがいい味出してます。
あの「のほほ~ん」とした雰囲気そのままでニコニコと。


公開初日で舞台挨拶もあり、佐々木蔵之介さんと森田監督が登場。
森田監督、映画宣伝しすぎで声がかすれてました。
蔵之介さんは、テレビで見たまま大きくて細くてかっこいい。


キャスティングについての質問があり、森田監督は兄弟ペアで
配役を考え「佐々木&塚地・・いいかも」と思ったようです。
ボーリングのシーンでは、中島みゆきさんが初めてだったようで
ボールを後ろに飛ばしたり、こけたりは全て天然だったらしい。
塚地(ドランク・ドラゴン)が芸人泣かせだと言ってた、など
撮影の裏話を生で聞けてお得でした。


そうそう、映画が進んでくにつれてあの塚地が
だんだんかわいく見えてくるのも不思議でした。


映画の内容よりも生・佐々木蔵之介を見れたことが
何よりも興奮だった「間宮兄弟」でした。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-05-12

大豆イソフラボンで連想。


やっと1週間が終わったなぁ。。眠い(=_=)
TVでもののけ姫やってるね。
ついつい見入っちゃってます。


石田ゆりこさんでしたか。サンの声は。
凛としてていいな、聴いてて心地いい。
そしてますます眠くなる。。。


今日も客先に出張。またまた楽しいKさんの一面を発見。
大豆イソフラボンの多量摂取がホルモンバランスを
崩すらしいという世間話をしてました。


「イソフラボンと聞いて思い出すことがあるんですよ」


ほほう。やっぱギバちゃんですよね?


「ううん、違うの。海辺でフラダンスを思い出す。」


・・・・えーと( ̄~ ̄?
どして?何つながり?


磯 フラ(ダンス) ボーン!!!! でしょ、やっぱり。」


・・・・えぇ!?やっぱりって?
凡人にはわからないKさんの世界。
きっと楽しい世界なんだろう。
今日はその世界の入り口を見た気がしました。


お昼ゴハンを食べたあとの超眠い時間。
喫煙室では楽しく陽気な世界が広がってます。
またその世界をご紹介できたらと思います。
実際は単にオヤジギャグの世界かもしれませんが。。。


海辺でフラダンス・・。そろそろ夏到来だね。
もう何年も海行ってないねー。
オイラにとって夏はクーラー効いた部屋で
スイカ食べることが一番の幸せです。


・・・またスイカ食べたくなってきた・・・
明日買いに行こうかな。うん。
んだば、お休みなさいまし。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-11

久しぶりの更新。


久しぶりの更新です。。
連休明けは頭も身体もダルダルであかん。
仕事が山ほどあるのに全然はけない。
気合が入ってないのか、空回ってるだけか。。


更新さぼってる間にココに書こうと思っていたネタが、
どんどん記憶から消えてしまった。
唯一オイラメモに残ってるネタについて書こう。
何でこのメモだけが残ってたのか、今となっては不明だけど。


GW中、電車の広告で見かけたポスターに、
田舎の風景らしい絵と文章が書いてありました。
その絵は、広い野や山に1軒の家、鯉のぼりが泳いでる。
子供が一人遊んでる、田舎の風景です。


その絵に載せてあった文章がコレ。


鯉が泳いでいないと思ったら、いらかの波も消えていた


・・・・いらか?イラカ?って何??


思わず携帯の辞書で調べたわさ。
「甍(いらか)」=「かわらぶきの屋根。棟瓦」だそうだ。
そうだった。甍の読みも意味も知らない自分がちょっと
恥ずかしかったんだった。


確かにこの絵の田舎風景、少なくなってるんだなー
って、思いふけってたわけです。
そして、この文章をメモしちゃったんだ。


そんなオイラを目にした妹さまが「何メモってんの?
もしかして、ブログでも書いてるわけ?w」


「ううん、まさかぁ。。。。」


ブログを書いてることはおろか、妹さまをネタにしてるなんて
口が裂けても言えないもん。
なんて鋭い妹さまなんだ(ーー;


「そういえば、ライブのときも写真撮りたがるよね?」


う、うん。だってココに載せるんだもの。
でも、言えない。とりあえず


「20代最後の記念になるやん。色々と・・・」


もう苦しい言い訳が続いてます。
・・・バレタラコロサレソウ・・・
いつかばれそうな予感がする今日この頃です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-08

GW終了。


あー、20代最後のGWが終わっちまったぜ。
あっという間でございました。


脳がまったりもったりしちゃってんなぁ。
会社行きたくねぇーなぁ・・・。
連休は嬉しいけど、終わるのってめっちゃブルーだ。
日曜日のサザエさん見てるときよりブルーになる。


GW振り返ってみると、いつもと変わらなかったね。
唯一ライブで遊んだくらいで、それ以外は
ヒキコモってDVD見て寝て食って。


唯一オイラ的に褒めるべきは『パタパタ』を継続したこと。
昨日はちょっとお休みしたけど、それ以外は続けたもんね。
エライ!オイラってばエライ!


けどさ。体重増えてるのよ。あはー。
その分食ったっつうの。夜中のカップラーメンとか。
炭水化物はお腹ぽっこり、体脂肪&体重増加にテキメンらしいよ。
見事にこれだー。ラーメン、パスタ、うどん、米・・・。


そんな話しを昨日妹さまにしてみたらさ、


「炭水化物の話、常識じゃね?」


一言でばっさり斬られましたよ。侮蔑の笑みとともに。
しかも、一緒にラーメン食べながら。
そうね、そんなの常識よね。うふふ・・(涙)


あ、山頭火のとろ肉チャーシュー・塩ラーメン美味しいけど、
辛味噌ラーメンも美味かった。
お腹ぽっこりになろうが、ラーメンは辞めませんから。
さて、明日のために本日は早々に就寝します。
あー・・・連休終わった。三十路まであと 236日。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-07

J-WAVE LIVE ~ SPRING!


CocaCola J-WAVE LIVE ~ SPRING! 行ってきました(^^)/


場所は日比谷野外音楽堂、出演者はレミオロメン、木村カエラ、
クレージーケンバンドでござます。
コカコーラ生誕120周年記念ライブ。


17時開演なのに、その前に前座でロケットマンことふかわりょうが
出演してたのにはばびった。ちょっと儲けもん。


最初はクレージーケンバンドが登場。
超ノリノリでかっこよかったです。
“俺の話しを聞け~♪”も聴けたしね。渋くて素敵でした。


次に木村カエラが登場。
めちゃめちゃかわいかったっす。
身長154cmの小柄な彼女から、あんなパワフルさがあるとは。
さすがモデル出身、細くてかわいかったです。


最後にレミオロメン登場。
『蒼の世界』が聞けて大満足。
『粉雪』のイメージからしっとり曲が多いのかと思いきや、
すっげーノリノリでした。かっこよかったです。


野音は2度目ですが雨ばっかりです。オイラ雨女かもね。
ライブ途中からは雨もやんでGW後半を満喫しました。
かなり楽しかったです。
写真が何も撮れなくてちょっと残念だったかな。
あと、前の女の子の踊り(?)がちょっと気になった。
手がね、阿波踊りなの。何故・・・?
しかも風船持ってね。見えないっつうの。


出演者が複数のイベントも楽しいもんでした。
また行けたらいいなと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-05-06

『電車男』


■電車男 (2005年製作)
原作:中野独人、脚本:金子ありさ、監督:村上正典


【ストーリー】
電車内で暴れる酔っ払いから女性(中谷美紀)を助けた
ヲタク青年、通称・電車男(山田孝之)。
彼女に心惹かれた電車男だったが、これまで女性に
縁がなかったので、どうしたらいいかわからない。
そこで彼はインターネットの世界に助けを求め・・・。


【感想】
キタ―――――(゜∀゜)――――――!!!
ってやつですな、ようやく見ました。


歪んだ恋愛映画もいいけど、こういう純粋さは素直に泣けました。
エルメスさんの年齢がいくつの設定なのかは不明だけど、
妙に落ち着いてる話し方が隣の綺麗なお姉さんぽくて
ちょっと面白かったです。
モテル女の基本って感じしました。
あれじゃヲタク男じゃなくても落ちますって。


ネットの住人たちがまた面白い。
専業主婦とサラリーマン。実は夫婦だったり。
3人組の「むとう」ってのが居るんだけど、
『花とアリス』に出てくる坂本真くん、キャラ同じだしさ。


映画見てるとほのぼのします。
人を好きになるのが苦しい、青春ですね。
いやぁ・・・羨ましい(TT)
GWに一人で見るものじゃーないです。はい。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-05

夏を先取り!


GWも残すところあと3日(TT)
オイラは8日まで休みなの。おほほ。


お天気いいけど、家でまったりDVD鑑賞とイラストロジック
に明け暮れてるわけだ。
あ、毎日パタパタは続いてます(^^)v


おかげさまで食欲倍増。
ついついスーパーでコレを見つけて買っちゃいました。


Nec_0020

んっまかったぞ~~~~♪
けど、やっぱまだ値段高い・・・orz



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『レディ・ジョーカー』


■レディ・ジョーカー (2004年製作)
原作:高村薫、脚本:鄭義信、監督:平山秀幸


【ストーリー】
昭和22年、雪国のある村で物井清二(谷津勲)は
日之出麦酒を不当に解雇され、納得がいかないまま
会社に非難の手紙を書きつづった。
それから月日は流れ、物井清二の弟、物井清三(渡哲也)
は小さな薬屋を営みひっそりと暮らしていたが・・・。


【感想】
競馬場で知り合った男たちが、レディ・ジョーカーと名乗り、
日之出麦酒に20億円を要求する。人質は350万キロリットルの麦酒。
話はまあまあ面白かった。原作が読んでみたい。


日之出麦酒社長・城山が誘拐されることから事件が始まる。
たった2日後に開放されるが、そのとき姪の写真を渡されるのだ。
人質は麦酒だと言われても、城山には姪の安全が第一だった。
そう、一番守るべきは家族だった。


それに対し犯人「レディ・ジョーカー」の一員に障害児の娘(レディ)を持つ
トラックの運転手は、事件後娘を捨てる。
競馬場に置き去りにした。奪った金を手にしたわけではない。
彼にとっては守るべきは自分だったのかもしれない。
娘を一番に守って欲しかったな。。うん。


中でも現役のノンキャリア刑事を演じた吉川晃司。
その刑事を疑い、執拗に追う刑事を演じた徳重聡。
実は二人とも嫌いなんだけど、吉川晃司は今回良かった。
徳重くんはアカン。あの感情なしの能面顔、なんとかならんかのぉ。
ま、そういう役なんだけど・・うーん。。
これはオイラの個人的好き嫌いなので、気に障ったらすみません。


こういう社会派的な小難しい話は苦手なのですが、
俳優陣がとても豪華でさすがな映画でした。
犯人側にも被害者側にも偏らず、一般市民から社長、かたや刑事まで
色んな立場からの視点なのが良かった。
感情がどこにも偏らず客観的に見れたという感じです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『いぬのえいが』


■いぬのえいが (2004年製作)
脚本:佐藤信介、山田慶太、永井聡
監督:犬童一心、黒田昌郎、祢津哲久 、黒田秀樹
     佐藤信介 、永井聡 、真田敦


【ストーリー】
ドッグフードのCMが関係者の思わぬ発言でとんでもないものに
変貌していくコメディーや飼い犬を失った悲しみを描く感動作など
「いぬ」をめぐるエピソードがリレー形式でつづられる。


【感想】
前半は笑えて、後半は泣けました。
ドッグフードのCMなのに犬が出てこず、伊藤美咲のイメージ映像。
更に音楽はド演歌、映像のど真ん中に 「国産牛肉」 の成分表示。
どんどん変になってくCMは笑えます。
あとバウリンガルの話もおかしかった。
犬の言葉の翻訳機ね。あれってどのくらい信憑性あるんだろ。

一番最後の「ねぇ マリモ」は号泣でした。
オイラも実家で犬を飼っていたので、
そのコを思い出し、さらに号泣でした。
一度でも犬を飼ったことある人は泣けると思います。


とにかく、犬好きにはたまらない映画です。
出てくる犬が皆かわいいっす。
まー、うちのチビ(↓)はには敵わないけどね。<犬バカ

Chibi

コイツは2代目チビ。ママさんの愛犬です。
人見知りせず、すぐにオイラにも懐いてくれた良いやつです。
なんかチビに会いたいくなりました(TT)
そんな気分にさせる映画です。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-05-04

『樹の海』


■樹の海 (2004年製作)
脚本:青島武、滝本智行、監督:滝本智行


【ストーリー】
暴力団組織にそそのかされて5億円もの公金を横領、
その後口封じのために殺され、樹海に遺棄された
朝倉(萩原聖人)。しかし朝倉は奇跡的に一命を
取り留めるが、犯罪者と成り果てた彼に行き場はなかった。


【感想】
エピソードが4つのオムニバス形式の映画。
人の生死がテーマ。
富士の樹海といえば、自殺のメッカだもの。


一番好きだったのは、駅の売店に勤務する手島映子(井川遥)
の話。2年前にストーカー行為で銀行を辞めた映子は、
あまり売れない「ネクタイ」が売れたことを静かに喜ぶのね。


誰からも必要とされていないと思った映子は、
そのネクタイを持ち樹海で自殺しようとする。
ところが、そのネクタイがほどけ助かるわけだ。
地面に落ちた映子に上からネクタイが舞い降りてくる。


そのシーンはちょっと感動もんでした。
いつか自分を必要としてくれる人が現れると、
生きる希望を持った目が印象的でした。


なんかもっと暗い映画かと想像したけどそんなことなかった。
昼間見る樹海って、癒しの場所っぱく見えました。
緑多いし静かだしね。あくまで昼ですよ。
富士の樹海は、実は生きる希望や勇気を与えてくれる場所
なのかもしれないです。



| | コメント (2) | トラックバック (1)

『トニー滝谷』


■トニー滝谷 (2004年製作)
原作:村上春樹
脚本、監督:市川準
音楽:坂本龍一


【ストーリー】
美大で芸術を学んだトニー(イッセー尾形)は、デザイン会社
へ就職、その後独立してイラストレーターになり、自宅の
アトリエで仕事をこなすようになる。そんなトニーが一人の女性、
出版社編集部員・小沼英子(宮沢りえ)に恋をする。


【感想】
トニー滝谷は、少年時代から孤独な時間を過ごしていた。
楽団のトロンボーン奏者の父は海外に演奏に出かけ、
母親はトニーが生まれて3日後に亡くなった。


『一人でいること。特にさびしいとは思わなかった。』
トニー少年は一人で夕食を食べながらのシーンは
せつないものを感じました。


映画を見たというより、小説を読み聞かせて貰った感じです。
語り・西島英俊さんの感情を抑えた静かな語り口調で本編は進行。
時折、その語りを引き継ぐように登場人物が口にする。
台詞が耳に残るとてもいい演出だと思った。


ずっと孤独だった男が結婚し、孤独じゃなくなった。
逆に孤独になることをとても恐れる。
そして、妻が亡くなった後、再び彼に孤独が訪れる。
単純に、結婚前に戻っただけではない。
妻が世話していたサボテンに水やりをしながら、ふと手を止め
ソファーに腰掛けて静かに泣くシーンにオイラも泣きそうだった。


うーん、うまく感想かけないや。
とにかくこれまで見たこと無いとしか言いようがない。
台詞も少なく、小説を読んでるみたいで、
色々と想像しながら見てました。
最後のオチもはっきり描かれてないため想像がより広がります。
テーマが孤独なんですが、ほのぼの感もありでとてもいい映画でした。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-05-03

ピーカンだったね。


今日は綺麗な五月晴れ。
休日なのに午前中に目が覚めた。
超健康的だw


二度寝しようか悩んだけど、ピーカンなので布団干し。
これでもう夕方まで眠れない(--)
とりあえず、休日っぽく洗濯・掃除に勤しんだ。


出かける気になれないのは性分なので仕方なし。
家でボーっとTV見たりイラストロジックやったり。
ほげーっと過ごす。


実は本日、両親の結婚記念日だった。
30周年という記念すべき年なのだ。
それでも帰省しない親不孝もの。
何も送らない親不幸モノ・・・。


いや、やっぱ何か祝おう。うん。
今年中だったらいいよねぇ。
別に今日じゃなくてもさ。
と、とりあえずボーナス入ってからにすっべ。


結婚記念日が来るといつも考えることがある。
オイラが生まれた年に結婚したわけだが、
5月に結婚、オイラは12月生まれ。
その間7ヶ月。出来ちゃった婚なのか?


なんつって、結婚したとき3ヶ月目なオイラの存在に
気づくわけねーだろ!とママさん曰く、だ。
ええ。ごもっともw
そんなお決まりの会話が今年も行われた。
また10年後、20年後も同じ会話しようね。
ホント、よくもったなぁ、あの夫婦。


時が経つのは早いもんだ、と思いながら、
本日もパタパタ20分実施しました。
また東京事変の げりらっげりらっふぉろー♪ で。


昨日よりは汗が出た。うーん、快調だね。
あ、家から一歩も出てないや(^^;
これにてGW1日目終了♪



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『約三十の嘘』


■約三十の嘘 (2004年製作)
原作:土田英生
脚本:土田英生、大谷健太郎、渡辺あや
監督:大谷健太郎
音楽:クレージーケンバンド


【ストーリー】
豪華寝台特急トワイライト・エクスプレスに乗り込んだ
志方大介(椎名桔平)ら6人の詐欺師たち。
ある事件以来解散状態だった彼らは再び結集し、3年
ぶりの大仕事を成功させるが、戦利品である大金が
詰まったスーツケースを紛失してしまう。


【感想】
出演者が豪華な割りに、ちょっと話の内容が薄い感じがしました。
もう少し『かっこいい』演出を期待してた分ちょっと残念。
ま、ダメ詐欺師集団という設定なので仕方なかったのかも。
ちょっとオイラの過剰期待もあったかもしらん。


出し抜いて、大金を持ち逃げしようと計画してるのは誰か?
何が本当で何が嘘か?誰が嘘をついてるのか?
もっと複雑かと思いきや意外に想像がついちゃうのも残念(TT)
作品全体としては、爽やかな感じできれいにまとまってました。


でもね、椎名結平&妻夫木聡&中谷美紀は良かったっすよ。


『ひとつの嘘のためには、三十の嘘を用意しなさい』
(サルバトーレ・ウコン)
嘘を成立さすのは大変ってことっす。でも、それは難しい。
だから 『確信以外は全部本当のことを言う』 だって。
確かにね、小さな三十の嘘ついてたら自分が混乱するわっ。
・・・オイラは詐欺師になれねぇな。


この作品の中で一番気になったのは「ゴンゾウ」。
仕事するときに用いたパンダのぬいぐるみ。
誰かがコレを着て動いたシーンはなし。
単なるぬいぐるみとして登場。でもね、めっちゃかわいいっす。
ゴンゾウ.net 《ゴンゾウ。それは“嘘の神様”。》

なんかね、ONEPIECE に出てくるパンダマンに似てない?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-02

始まったぜ、GW。


雷鳴と共に、とうとうやって来たな。
20代最後のゴールデン・ウィーク。。


ま、単なる大型連休だ。
どこに行っても人ごみばっかり。
あー、うぜぇ。


今年こそは健康的なGWを迎えませうぞ、
久しぶりにパタパタやってみました。
何事も初日が肝心。


最近買った東京事変の「ADULT VIDEO」をON。
最初は快調にパタパタパタッ♪
もうノリノリ。


へぇ~い、べ~ぃぶっ、げりらっげりらっふぉろー♪
う~ぅうぅ、へぇ~い、べ~ぃぶぅっ、げりらーっげりらーっ
ふぉろーーー♪

# 東京事変の“恋は幻”より。


林檎ちゃんのノリノリ声にあわせてバッタンバッタン。
夜の23時半、近所迷惑関係なし。
ノリノリなのも10分まで。
その後はいつものようにヘロヘロ・・・(@@;


確か数ヶ月前も同じように結局ヘロヘロだったね。
そして、全然継続ならず(TT)
久しぶりすぎて、ほとんど汗が出なかった。
我が新陳代謝も衰えたものよのぉ。


とりあえず、連休の予定はなし。
あ、妹さまとデートってのがあった。
連休入る前にDVDを借りまくり。
ビールもお菓子もレンヂ食品、買い込みOK。


これが冒頭に書いた「健康的なGW」の実態(^^;
オイラ流の超健康的(=ノンストレス)生活の始まりっす。
あ、今日発表のミニロト、大はずれでした。
・・・ぐへ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-01

家計簿チェック☆4月分☆


む~(--)あと一つ寝ると~GW到来。
朝のラッシュも帰宅ラッシュも緩和されてて、
いや~、いいね。まじで。快適♪


気がつけば皐月。三十路まであと243日。
オイラは2004年12月から家計簿を毎日付けていまふ。
きっかけは覚えてないがよく毎日続いたもんだ。
1日はいつも先月の収支合計を眺めながら
一応それなりに反省をかます。


もちろん、今月に活かされるわけでもなく。。。


先月は食費が先々月より8,000円も多く使ってる。
ほげ?何故だぁ( ̄ ̄゜)


あ、「外食」項目が6,500円も増えてます。
ああ。。妹さまと豪遊した結果だな、こりゃ。
なんて具合に、先月を楽しく(?)振り返れる日記でもある。


この豪遊分を取り返すべく、またロト&ミニロトを購入したよ。
とりあえず今週分を買ってみました。


なんてね。
本当は、今週分を取り返すというより、
この寂しいGWをちょっとでも楽しくしようという、
無駄な抵抗 なのらよw


死にかけのサボテン君もまだ大丈夫だし。
まだまだ運が残ってることを祈って( ̄人 ̄)
んだば、明日も仕事頑張ります!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »