« 『樹の海』 | トップページ | 『レディ・ジョーカー』 »

2006-05-05

『いぬのえいが』


■いぬのえいが (2004年製作)
脚本:佐藤信介、山田慶太、永井聡
監督:犬童一心、黒田昌郎、祢津哲久 、黒田秀樹
     佐藤信介 、永井聡 、真田敦


【ストーリー】
ドッグフードのCMが関係者の思わぬ発言でとんでもないものに
変貌していくコメディーや飼い犬を失った悲しみを描く感動作など
「いぬ」をめぐるエピソードがリレー形式でつづられる。


【感想】
前半は笑えて、後半は泣けました。
ドッグフードのCMなのに犬が出てこず、伊藤美咲のイメージ映像。
更に音楽はド演歌、映像のど真ん中に 「国産牛肉」 の成分表示。
どんどん変になってくCMは笑えます。
あとバウリンガルの話もおかしかった。
犬の言葉の翻訳機ね。あれってどのくらい信憑性あるんだろ。

一番最後の「ねぇ マリモ」は号泣でした。
オイラも実家で犬を飼っていたので、
そのコを思い出し、さらに号泣でした。
一度でも犬を飼ったことある人は泣けると思います。


とにかく、犬好きにはたまらない映画です。
出てくる犬が皆かわいいっす。
まー、うちのチビ(↓)はには敵わないけどね。<犬バカ

Chibi

コイツは2代目チビ。ママさんの愛犬です。
人見知りせず、すぐにオイラにも懐いてくれた良いやつです。
なんかチビに会いたいくなりました(TT)
そんな気分にさせる映画です。


|

« 『樹の海』 | トップページ | 『レディ・ジョーカー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38656/1682122

この記事へのトラックバック一覧です: 『いぬのえいが』:

» 『いぬのえいが』 []
『いぬのえいが』 安易というか直球というか、この映画はまさにタイトル通り“いぬのえいが”でした。本編は犬と人の交流を描く11本のオムニバス作品で、各エピソードをリレー形式で綴っています。この中で特に印象的だったのはラストを飾る「ねぇ、マリモ」。“犬なんて飼わなければよかった”と語る少女、美香(宮崎あおい)が最後に“私、また犬が飼いたい”と告げるエピソードは思わず涙腺が緩みました。 [:URL:] 『いぬのえいが』 ... [続きを読む]

受信: 2006-06-27 20:40

« 『樹の海』 | トップページ | 『レディ・ジョーカー』 »