« 『贅沢な骨』 | トップページ | 冷凍ちゃんぽん。 »

2006-06-26

『blue』


■blue(2001年)
監督:安藤尋
原作:魚喃キリコ
脚本:本調有香


【ストーリー】
高校生の桐島カヤ子(市川実日子)はひとつ
年上のクラスメイト、遠藤雅美(小西真奈美)
のことが気になっていた。カヤ子はやがて彼女の
ことを想うようになり、キスまで交わす仲になるが・・・。


【感想】
オイラには無かった羨ましいくらいの、
楽しくも切なくもある青春がこの映画には詰まってます。
最高に羨ましい、・・でなくて、いい映画です。


桐島、遠藤とお互いを苗字で呼び合うのも懐かしさを
覚えました。


空も海も綺麗な青、映画のタイトル「blue」が一際綺麗です。
舞台は女子高ですが、同性に憧れるのは良くあることで、
桐島の場合はそれは恋愛にも似た感情でした。
それを受け入れる遠藤を演じた小西真奈美、
とても良かった。


自分には何もない空っぽだと言う遠藤に、
桐島はそれでも遠藤になりたいよ、遠藤は遠藤だよ。
この台詞は好き。
遠藤は、私は桐島が羨ましいよと返す。
このシーンは良かった。


なんかもう、良かったの連発です。
ホントいい映画です。



|

« 『贅沢な骨』 | トップページ | 冷凍ちゃんぽん。 »

コメント

これ、そうとうみたかった映画なのです。
ポスターの小西さんの美しさに見とれた作品なのです。

制服姿といい、青空といい、
なんだか見てると切なくなりそうな映画だよね。
探してみようっと。

投稿: のりぞう | 2006-06-27 21:21

のりぞうさん>

コメントありがとう☆
5年前の作品ですが、小西さんの凛とした美しさが際立ってました。
映画館の大きなスクリーンで見たかったとも思いました。

探しだして切なくなっちゃって下さいまし。

投稿: やまだや | 2006-06-28 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38656/2394760

この記事へのトラックバック一覧です: 『blue』:

« 『贅沢な骨』 | トップページ | 冷凍ちゃんぽん。 »