« 『髪からはじまる物語』 | トップページ | ツモリ。 »

2006-06-05

『LIMIT OF LOVE 海猿』


■LMIT OF LOVE 海猿(2006年)
原作:佐藤秀峰
原案・取材:小森陽一「海猿」(小学館ヤングサンデーコミックス)
脚本:福田靖
監督:羽住英一郎


【ストーリー】
潜水士となって早2年。海上保安官である仙崎大輔(伊藤英明)は、
鹿児島・第十管区に異動となり、軌道救難隊員として海難救助の
最前線で働いていた。恋人・伊沢環菜(加藤あい)とは将来を意識
しながら、遠距離恋愛を続行中。
鹿児島沖3キロで大型フェリー・くろーばー号の座礁事故が発生。
凄まじい速さで浸水を始め、傾いていく船体。パニックを起こして
逃げ惑う620名もの乗客。そこには、偶然にも船に乗り合わせて
いた環菜の姿が!


【感想】
TVで放映されたドラマは全く見てないですが、感動しました。
スケールの大きい迫力ある映像と、水中での「生と死」に
息が詰まる思いでした。


座礁事故発生から仙崎が人命を救おうとする必死な姿、
環菜や仲間たちが仙崎の生還を信じる姿、全てにおいて
涙が止まらなかったです。
#ハンカチ持って行っといて正解だった。。


仙崎と吉岡、乗客2名(大塚寧々、吹越満)の掛け合いが、
時折、面白くてそれが唯一ホッとした場面でした。
それ以外は、もう感動・涙・感動・涙の連続。


座礁事故から4時間後、船は沈没してしまう。
沈没する前に吉岡は動けなくなり取り残されるし、
やっと出口に出られそうになるのに爆発したり、
やっと息苦しさから抜けられる・・ってところで、
否応なく次々にハプニングが発生するわけだ。
なので、全然退屈しない緊張しっぱなしでした。


あんまり期待してなかったんだけどね。
というのも、TVも観てないし作り物っぽいのかと
思ってましたが、全然良かったっす。


沈んだ船の中で助けを待つ。絶望感と不安と期待で
本当だったら狂いそうになるんだろうな。。


時任三郎と美木良介、石黒賢が渋くていい感じでした。
ドラマも見てみようかな。



|

« 『髪からはじまる物語』 | トップページ | ツモリ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38656/2092802

この記事へのトラックバック一覧です: 『LIMIT OF LOVE 海猿』:

» LIMIT OF LOVE 海猿 [きれいになりたい!美肌追求中 -40代の挑戦-]
やっと観てきました!LIMIT OF LOVE 海猿一言でいうと、いいですこの映画。ラブストーリーはあまり好きじゃないんですが、海猿は愛は愛でも、機動救援隊という仕事を通じた男同士の愛、絆の物語です。泣けます、感動します。もちろん、伊藤英明が演じる「仙崎大輔」と加藤あ...... [続きを読む]

受信: 2006-06-06 23:30

« 『髪からはじまる物語』 | トップページ | ツモリ。 »