« 『夢の中へ』 | トップページ | 『スクラップ・ヘブン』 »

2006-06-11

『メールで届いた物語』


■メールで届いた物語(ストーリー)(2005年)


【ストーリー】
「mail」
監督、脚本:清水浩
何度も送られてくる差出人のない宛名違いの手紙を、
ふと読んでしまった郵便配達員の高村(加瀬亮)。
そこに入院している谷村理沙(相武紗希)が恋人へ
宛てた内容が書かれていた。


「CHANGE THE WORLD!」
監督:伊藤裕彰、脚本:井上淳一
男に振られ自堕落な生活を送る葉子(吹石一恵)は、
そのショックを振り切るためにボクシングを始めることに。


「アボカド納豆」
監督:鈴木元、脚本:大森寿美男
仕事帰りに居酒屋に立ち寄った、山口(岡田義徳)と
その先輩の藤井(大倉孝ニ)。藤井は仕事のミスで謝罪中に
彼女へメールをしていた山口を咎めるが。


「やさしくなれたら・・・」
監督:鳥井邦男、脚本:鳥井邦男/加瀬正人
携帯メールで架空請求詐欺を繰り返す男・柏木(北村一輝)が、
病死した妻(原沙知絵)と瓜二つの女性・美紀(原沙知絵)と
出会ったことで運命は思わぬ方向へ転がっていく……。


【感想】
「mail」
手紙の受取人は、半年前に自殺していたことを、
理沙に言えないまま友達のフリをして見舞っていた。
しかし、理沙は恋人が既に亡くなったことを知りつつ、
何度も手紙を送っていた。
心温まるちょっと泣ける物語です。
印象的なのが、相武紗希笑の顔。とてもかわいいです。


「CHANGE THE WORLD!」
ボクシングの格好が様になってるのに驚いた。
いやぁ、なんかカッコイイですよ。吹石一恵。


「アボカド納豆」
「アボカド納豆」永遠に結ばれたい人にこのメールを送りませう、
そして「アボカド納豆」を食べればより効果があります。
・・・誰も山口には返してこない。
グダグダ&ダメダメ感が面白い物語でした。


「やさしくなれたら・・・」
柏木が優しい心を取り戻したとき、彼女を守るため
顧客リストを削除したことで暴力団に連れられていく。
その車中から彼女の姿を見つける。
「今、どこですか?」
真っ赤な夕焼けに吸い込まれていく車。
かなりせつない物語です。
北村一輝さん、顔は怖いけどいい男です。はい。



|

« 『夢の中へ』 | トップページ | 『スクラップ・ヘブン』 »

コメント

北村一輝の愛くるしい顔が見たくて有料PCテレビでみました。
せつない繊細な表情が旨いですね。
美貌が陰のある役を引き立てます。
相手の女優さんは「シンデレラは眠らない」で共演した人ですね。
あの時は悪役で主人公を監禁したりして怖かったですけど。(笑)
笑ったときの目が優しくて大好きです。

投稿: ★ | 2006-06-11 21:38

★さん>
コメントありがとうございます。
確かに悪役を演じるときは、怖いですよね(^^;
「完全なる飼育」シリーズの北村さんも怖い反面、優しい目が印象的でした。
これからも活躍してほしいですね♪

投稿: やまだや | 2006-06-12 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38656/2168515

この記事へのトラックバック一覧です: 『メールで届いた物語』:

» 北村一輝 [芸能人・マスメディア名鑑]
1969年7月17日生まれ。本名は北村康(きたむら やすし)。1996年、サトウトシキ監督作品「LUNATIC」で映画デビュー。元々は本名で俳優活動をしていたが、三池崇史監督により「北村康」から「北村一輝」へ改名。弓削商船高等専門学校中退。身長は177cm、体重65kg。 ... [続きを読む]

受信: 2006-06-19 23:09

« 『夢の中へ』 | トップページ | 『スクラップ・ヘブン』 »