« 右脳のレベルは? | トップページ | 『LIMIT OF LOVE 海猿』 »

2006-06-04

『髪からはじまる物語』


■髪からはじまる物語(2005年)
脚本・監督:行定勲


【ストーリー】
[第一話]フクシュウ劇
浮気を続ける夫。自分の存在をアピールする愛人。
そして復讐を誓う妻。
[第二話]あこがれ
戦時中、美しく長い髪の女性に想いをよせる少年の
純粋な気持ちを描く。
[第三話]懺悔
毎日の習慣で養女の髪を洗う神父。娘が美しく育つにつれ、
神父の中に淫らな気持ちが芽生え始め苦悩する。


【感想】
シャンプーのCMから発したインターネットムービー。
行定監督&柴崎コウはセカチューのコンビ。


第一話は、夫の車の助手席から長い一本の髪の毛を
見つけ、夫の浮気を疑い始める。
妻は荒れた髪を、綺麗に伸ばそうとする。
全体的におもしろく描かれていた。
結局は、妻も愛人もその男から離れていくのね。
男(津田寛治)が絶妙にマヌケな感じが良かった。


あと、柴崎コウが歌う「わかれうた」(中島みゆき)が
とてもいい。低い声がとてもカッコ良かった。


第二話は、白黒映画。少年たちがまあかわいいこと。


第三話は、最後のオチが笑えました。
大切の育てた養女の結婚式でのこと、
旦那は金髪のロックバカで、顔が引きつる神父さまの
お気持ち、お察しいたします。


全体を通してですが、柴崎コウの髪はホント綺麗です。
あれだけ長いのにね。
ちょっと髪の毛を伸ばしたくなる、そんな映画でした。



|

« 右脳のレベルは? | トップページ | 『LIMIT OF LOVE 海猿』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38656/2065943

この記事へのトラックバック一覧です: 『髪からはじまる物語』:

« 右脳のレベルは? | トップページ | 『LIMIT OF LOVE 海猿』 »