« おばかです。 | トップページ | a-nation'06 »

2006-08-26

『UDON』


■UDON(2006年)
監督:本広克行


【ストーリー】
成功を夢見てN.Y.に渡米していた松井香助(ユースケ・サンタマリア)は、
挫折したことにより故郷の田舎町に戻ってきた。
借金を背負い人生のどん底にいた香助の前に、地元の雑誌社で働く
編集者の恭子(小西真奈美)が現れる。香助は恭子や地元の人々と
触れ合ううちに地元の名産品である“うどん”の魅力に目覚め始める。


【感想】
笑いも涙もありで心が温かくなりました。
映像の1/3が“うどん”で占めてるんじゃないか?ってくらいに、
登場してきます。美味しそうでたまりませんでしたよ。


「うどん屋の息子」と呼ばれるのが嫌いな香助と、
不器用な父親との変化がとても良かったです。
ストーリーは定番って印象を受けたけど、
それでも涙してしまいましたね。
人にはそれぞれ色んな人生があり、地元に住んでも
そこで楽しく生活することも素敵なことなのだと感じ、
ちょっとだけ実家が懐かしくなりました。


ちょい役で色んな役者さんが出てきます。
それを見つけるのもまた楽しかったです。
香川の綺麗な景色を一度この目で見てみたいと思いました。


映画観終わった後は、半券持って「はなまるうどん」へ。
ちゃっかり50円割引してもらったっす。

Udon


んで、舞台挨拶。ユースケはかっこよかったし、
小西真奈美さんは、超かわいかった。
顔小さい、細い、足キレイ。。。さすがです。
本物も透明感あふれてました。完全萌えです。

|

« おばかです。 | トップページ | a-nation'06 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38656/3217517

この記事へのトラックバック一覧です: 『UDON』:

« おばかです。 | トップページ | a-nation'06 »