« 『陽気なギャングが地球を回す』 | トップページ | タメ年の10円玉。 »

2006-11-05

『かもめ食堂』

■かもめ食堂
監督:荻上直子
原作:群ようこ

サチエ(小林聡美)はヘルシンキで“かもめ食堂”を始めたものの客はゼロ。
ある日彼女は最初の客で日本かぶれの青年トンミ(ヤルッコ・ニエミ)にガッチャマンの
歌詞を教えてくれと言われるが、出だししか思い出せない。
彼女は偶然本屋でミドリ(片桐はいり)を見かけ……。

■感想
どうしても観たかったこの作品。
小林聡美&片桐はいり&もたいまさこっすよ。
それだけで面白そうだと思って。
期待を裏切りませんでした。
爆笑~じゃないんですよ。
「へへ。」「へけ。」的なこのクスクス感がたまらない。

ヘルシンキの町も海もとても綺麗でした。
その町にたたずむ「かもめ食堂」がとてもかわいい。
太った3人のおばさん、フィンランド人もとてもいい味だしてました。

やりたくないことはやらない、というサチエの言葉が
すんごく羨ましい限りでした。

|

« 『陽気なギャングが地球を回す』 | トップページ | タメ年の10円玉。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38656/4081944

この記事へのトラックバック一覧です: 『かもめ食堂』:

« 『陽気なギャングが地球を回す』 | トップページ | タメ年の10円玉。 »